大学職員の採用試験対策

【書類・面接対策】大学職員の中途採用試験で営業マンがアピールすべき経験と能力

みっちー

首都圏の私立大学で働く現役大学職員(中途4年目) ■元社畜メーカー営業 ■約1年半におよぶ自身の転職体験と大学職員のリアルをお伝え ■大学職員を目指す全ての方を応援します

私は新卒採用でとある会社の営業職として採用され、6年間営業マンとして働いた経歴があります。

以下の記事で詳しく書いていますが、なかなかの社畜ぶりで駆け抜けていた中、将来を考えて「大学職員」への転職を志し、長期戦となってしまいましたが、転職を叶えることが出来ました。

営業が嫌になって転職を考え中の方、今は充実してるけどこれから転職もありかなと考えている方、様々な思いを持っている方がこちらの記事を読んでくださっていると思います。

そんな皆さんに声を大きくしてお伝えしたいのが、

営業職から大学職員にはなれる!

ということです。

みっちー

長い転職活動の経験と実際に大学職員として働いた経験を通して気づいた、

大学職員の中途採用試験で営業職の方がアピールすべきことをお伝えし、最短ルートで大学職員になるための手助けをします!

✔あわせて読みたい

大学職員の中途採用試験で営業経験者がアピールすべきこと

これから紹介する3つのアピールすべきことは、私が大学職員の採用面接試験において、営業職という経歴を見て実際に面接官から多く問われた経験と実際に大学職員として働いてきて感じた経験から挙げています。

面接官は営業職経験者の応募者に対して、全く違う職種の営業職から事務職へ変わった際に適性があるか、活躍できるかどうか気になっています。

そのため、面接の中で度々以下のような質問が飛んできます。

営業職経験者が大学職員の面接で聞かれやすい質問

  • 営業は1人で行うことが多いですか。
  • 誰かと一緒に働く経験や機会はどのくらいありましたか。
  • 営業と事務の割合はどのくらいでしたか。
  • 事務処理能力はどの程度ありますか。
  • 他部署の方と一緒に働いた経験はありますか。

これらの質問は、営業職経験者にとって非常に重要なものとなります。

もしこれらの質問への回答が、面接官の腑に落ちなかったり、疑問が少しでも残ってしまうと厳しい結果が近づいてきます。

なぜ面接官は営業経験者に上記のような質問を投げかけてくるのかそれに対してどのように答えてアピールすればいいか、大学職員になって気づいた視点からこれから説明していきます。

周囲の人を巻き込んだ経験・調整力

大学職員の仕事は多くの教職員の人と関わることが非常に多く、高い調整力が求められます。

この点に関して、私もある程度入職前に想像していましたが、実際に働いてみて想像以上だと感じました。

営業の仕事を中心にやってきた方は、面接官側から想像すると1人で仕事をやってきたと思われがちなので、入職後に多くの人と関わりながら働いていけるか、不安を感じられることがあります。

そのため、仕事の中で他部署の人や他の会社の人とも関わって仕事をすることが多かったというようなエピソードがあると、その点の不安は払拭しやすいです。

私も転職活動中の自己PRに添えるエピソードの軸は、「多くの人を巻き込んで目標を達成した経験」としていました。

繰り返しになりますが、大学職員は想像以上に「個人」ではなく「チーム(部・課)」で働いていくこととなります。

営業経験の中で、チームで働いてきたことが多い方やなにかチームで達成した経験がある方は、それを自己PRのエピソードにすることで面接官に伝わる内容となると思います。

1人でずっと黙々と営業をしてきたスタイルの方は、なにか小さなことでもいいので、周囲の人と協力して働いたエピソードを絞り出しておきましょう。

事務処理能力

前提として、基本的に大学職員に営業の仕事はありません。(入試課や就職課など一部の部署は除いて)

ほとんどの人が毎日パソコンに向かって仕事をし、メールを処理し、ワード・エクセルを使って会議資料等を作成し、パワポもわりと頻繁に使います。

中途入職者の中でも稀に、前職で本当に営業経験しかなく、大学職員となった際に事務仕事に慣れるまでの間しばらく苦労していた方を見かけたことがあります。

そのような方が大学職員になっているというケースもありますが、基本的にはどの大学も中途入職者に対しては、即戦力で働けることを期待しています。

そのため、営業経験者に対しては、事務処理経験があるかどうかという事は必ずチェックされます。

上記の状況を上手くクリアするために、少しオーバーな内容の伝え方・書き方になっても構いませんので、仕事の中できちんと事務処理を行ってきた経験があること、しっかりとしたITスキルがあるということをアピールすることがポイントとなります。

事務処理能力を前面に押し出しすぎると本来の営業職の経験の強みが薄まってしまうし、営業職が強くPRしてもあまり説得力がないので、面接の中で、あなたの強みや前職での働き方などの質問が来た際に答える形が個人的におすすめです。

みっちー

もし本当に営業一本でやってきて事務処理経験がほとんどない場合でも、ここは嘘も方便で「事務処理経験はあります。」と力強く答えましょう!

人と信頼関係を築ける力

この力は多くの営業経験者に通ずることだと思いますし、大学職員として活躍するうえでも非常に重要なスキルとなります。

私も営業マン時代に感じていましたし、営業経験のある方は共感していただけると思いますが、同じ営業部に所属して同じような顧客を抱えていても、その営業スタイルは人によって様々です。

ひたすらこちらが商品の価値を話して受注につなげる営業マンもいれば、冷静にデータを分析して理に基づいて結果を出す営業マン、顧客の話をじっくりと聞いて活路を見出す営業マンなど、多種多様なスタイルの営業マンがいます。

そんな中で優秀な営業成績を残している方に共通するポイントが、「顧客と信頼関係を築けているか」に尽きると私は考えます。

いくら話術にたけていても、多くの知識を持っていても、顧客との信頼関係がなくては良い結果は生まれません。

営業経験を通じて培った、人と信頼関係を築ける力を持つ、いわば「対人関係のプロ」である営業職の方々は、大学職員の組織内の人間関係において、絶大な力を発揮します。

なぜなら大学は、以下のような人材を求める傾向にあるからです。

大学が求める人材

  • 閉鎖的な人間関係になりやすい大学内で、円滑に良好な人間関係を構築し、周囲を巻き込んだり部署間連携をできる職員。
  • 個性的な教職員との調整を上手くできる職員。
  • 色々なタイプの学生を、根気強くサポートしていける職員。

つまり、人と接するプロである営業職経験者は大学職員が抱える課題に大きく役立つことができるわけです。

顧客の規模や営業実績の大小にかかわらず、信頼関係を築いた経験や力については、ぜひアピールすることをおすすめします。

まとめ

営業経験者が大学職員の採用試験で特にアピールすべきことを3つ紹介しました。

営業職と大学職員はまったく違う働き方ですが、営業で得た力や経験は大学職員の業務の中の多くの場面で活かすことが出来ます。

採用試験の中で、それらをうまくアピールすることができれば、大学職員の内定に大きく近づくことが出来ます。

みっちー

異職種・異業界だからといって簡単に諦めるのはもったいないです。

営業職から大学職員や事務職・異職種への転職を考えている方は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしながら、挑戦してみてください!

✔あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

みっちー

首都圏の私立大学で働く現役大学職員(中途4年目) ■元社畜メーカー営業 ■約1年半におよぶ自身の転職体験と大学職員のリアルをお伝え ■大学職員を目指す全ての方を応援します

-大学職員の採用試験対策